購入予算

購入予定

不動産購入のポイント

マイホーム購入でまず考えなければならないのが、購入のための資金計画です。

どのくらいの頭金を準備する必要があるのか。 住宅ローンはいくらくらい借りられるのか。

何より、無理のない計画を立てることが大切です。

2割以上の頭金が安全な資金計画の基本です。

マイホーム購入の資金といえば、まず誰もが思い浮かぶのが、頭金です。

一般的に頭金、つまり自己資金は購入価格の2割程度だと言われています。住宅ローンは通常、購入価格や建築費の80%までというケースが多いため、逆算して2割程度、という計算式も成り立つわけです。

ですが、実際には購入費用のほかに諸費用もかかってきますので、購入予算の25%程度など、2割以上の頭金を準備しておくのが、安全な資金計画の基本といえるでしょう。

年収の20%以内がローン返済額の目安です。

マイホーム購入で多くの人が活用する住宅ローン。
購入予算を決める過程では、「いくら借りられるか」も考慮しなければなりません。

住宅ローンには「収入基準」といわれる条件があります。例えば、公庫融資なら、毎月返済額の5倍以上の月収(年収の12分の1)が必要とされています。つまり、毎年のローン返済は年収の20%程度が目安になります。

この目安をもとに何年のローンにするかを、収入から逆算して住宅ローン借入総額の目安を知る事ができます。購入予算を決める際の、重要なヒントになるはずです。 チェック参考資料

ローンの種類

諸費用について

住宅ローンというと、専門の用語などもあり、難しいイメージをお持ちになる方も少なくないようです。

しかし、基本さえ理解すれば、決して難しいものではありません。

長くお付き合いをすることになる住宅ローンですから、しっかりと理解をしておきましょう。

主な諸費用

住宅ローンは一般的に「銀行ローン」「公庫融資」「年金融資」「財形融資」などに分けられます。
銀行ローンを民間融資、残りの3つは公的融資とも呼ばれます。

それぞれのローンには特色がありますが、注意する必要があるのは、住宅の条件などで利用できるローンが制限される場合があることです。また、公庫などは融資額に上限があるため、資金計画では複数の住宅ローンを組み合わせるケースが一般的です。
ローンの種類のの参考表

住まいガイド

  • 不動産購入のポイント
  • 諸費用について
  • 購入予算
  • ローンの種類
  • 購入までのスケジュール