トップページ  >  設備仕様

設備仕様

各設備仕様について

人にも環境にも優しい住まいづくり。S&Aの断熱材。

ワンランク上の構造を実現する工法
木の特性を更に高めるべく、木造軸組工法をベースに、構造用パネルによる耐力壁をプラスしました。
また、反りや狂いの少ない集成材、エンジニアリングウッド、梁、柱の断面欠損が少ない 高強度のテックワン、 木の寿命を考慮した基礎パッキング工法・壁体内通気工法等を採用しています。
木造軸組工法+パネル工法
地震、台風の外力を、柱と柱の継目等の一点で受け止めず、面で受け止め、バランス良く分散します。 パネルにより柱、土台、梁を強力に固定し、箱のように一体化。
地震や台風などの強い外力を受けた場合、圧力を面全体で受け止め、バランス良く分散、歪みやねじれに強い構造体です。
パネル工法と在来工法

軸組みは、接合部分が肝心です。ガッチリと金物で補強。

建物の一体性を高める特殊金物『テックワン』
Low-eガラス
地震や台風などの外から強い力がかかった場合、最も影響をうけやすいのが構造部材の接合部分です。
従来の軸組工法の仕口(接合方法の総称)では、木材の断面欠損を起こしやすいものが弱点でした。
この金物工法は、従来の金物による補強方法とは異なり、仕口と金物を一体として接合する方法で、 テックワンは木材の断面欠損が少なく、柱頭部・柱脚部で荷重耐力が在来金物の最大約4.3倍、また、梁端部で約1.5倍の強度を実証しています。
在来軸組工法と金物工法テックワン